かっこいいレンタカー

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 肌に優しいアルブチン。白斑の危険性は?

肌に優しいアルブチン。白斑の危険性は?

■アルブチンの安全性 お肌の色素沈着や、シミに効果があるとして人気を集めているアルブチン。 多くの美白化粧品に用いられている、美白に効果的な成分です。 アルブチンは元々、コケモモや梨といった植物から抽出できる成分です。 厳密にいうとアルブチンは"αーアルブチン"と"βーアルブチン"に区別されるのですが、一般的にはアルブチン=βーアルブチンのことです。 ■αーアルブチンとβーアルブチンの違い αーアルブチンはβーアルブチンを元に改良された成分で、美白効果はβの10倍にもなるとされていますが、お肌に合わない・刺激が強いなどの副作用も指摘されています。 その理由としては、αーアルブチンには"ハイドロキノン"と同じような作用があるからです。 ハイドロキノンといえば、美白効果が高く人気の成分である反面、刺激が強く長期間使用できない、妊娠中に使用できないなどの副作用が懸念されています。 本来αーアルブチンは、ハイドロキノンのそういった副作用を解決し安全に使用できる成分として誕生したのですが、中にはお肌トラブルを引き起こす場合もあるようです。 その一方でβーアルブチンは天然由来のものです。 美白効果こそαーアルブチンやハイドロキノンには劣りますが、天然由来であるため敏感肌にも使用できるなど安全性が評価されています。 ■アルブチンに白斑の危険性はある? カネボウ化粧品の白斑被害をニュースで知った時には、多くの女性が衝撃を受けたことでしょう。 美白のためと思い使用していた化粧品で、あんな状態になってしまったのですから・・・。 カネボウ化粧品の場合は『ロドデノール』という美白成分が、日光など何らかの影響で白斑を引き起こしたとされていますね。 同じような美白化粧品を使用している方々は、本当に安心して使用してもいいのかと疑問に思った事でしょう。 ロドデノールだけでなく、ハイドロキノンにも同じような白斑を引き起こす可能性があると指摘されています。 その点アルブチンはα、β共に白斑のリスクはなく安全に使用できる成分だとされています。 現在市販されているアルブチン配合の美白化粧品は、安心して使用していいと考えていいでしょう。 しかし効果の高いαーアルブチンの中には、アレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますので、より安心して使用したい方はβーアルブチンを使用するか、使用を中止することをオススメします。エニシングホワイト シミウス